忍者ブログ

複雑になり船で要らない存在だと感じてその後も酷く寂しかった。だけど見た。

「知り合い」の定義あれこれ想定しタクシーにやや期待されたり

このごろは自転車やめて歩いてる。気の早い葉はそわそわしてる。

アルバイトの女の人のがんばりは神姫バス経由のものだとふんだ

入り口は分かったけれど進めない死亡遊戯のジャージじゃなくて

ちょっとした 落語家みたいなおじさんに頼ろうするほどに弱った

白い戸を開けてもわっと風が押すすごい時計屋みたいな壁を

個人的宇宙のなかにたたずめばこの世の光は針だとわかる

静か過ぎる砂漠をめぐる鳥の目に軽金属の風紋の冴え

重力の季節に落ちた色水は微動だにせず遊び続ける

芋虫のおなかのなかを旅をして行き止まりです。ごめんねうんこ。

ピカチュウの事件を思い出しながらカクテルフラッシュじゃんけんに勝つ

「思いやり標準装備」とサイコロの目は示さない 上から見よう。

壊れてるあまたのものを通り越し海へ出る道探り始める

半券は持っていなさい半券が無ければあなた忘れられるよ

独り身はそれぞれ角だ。洋上の夕方なれば……そういうことだ

採算が心配なほど大勢の人にお礼をいわれておりる

夕闇が俺の背中を強く押す。芽生えさせてる安い自意識




「ちょっとした~」の歌はうたらば・ブログパーツ「落」にて採用していただきました。田中ましろさんありがとうございました。拙作の前後の歌(こゆりさん、中藤カツミさん)の歌が大変すばらしくて居心地わるいです(笑)
ぜひご覧ください。
PR

2011/11/26 投稿 Trackback(0) Comment(0)

あめのいわと歌会

うずめさんが主催されている第1回あめのいわと歌会で11月23日まで(延長されました)歌を募集しています。

コメント欄によせる形式で一人何首でも可。みなさんもいかがですか。
拙いですが私も4首投稿してきました。

・「鹿せんべい?なにそれこわい」週末の車内をよぎる獣のにおい

・映るのは雲とかそんなものだろう 冷めた紅茶と君のひとみに

・八分方できた手料理。でも捨てた。いそしむ僕がみじめになって

・大根を買ってきたよとゆう声は命にみちてひかる大根


こんな感じで実力不足ですから、皆さんのクールな歌でもりあげてください。
誰かの歌に返歌をつけたりするのも楽しいかもしれません。(べべべつに催促じゃないですからねw)


2010/11/21 投稿 Trackback(0) Comment(0)

カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/31 情報漏洩]
 
 
最新記事
 
(11/30)
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ