忍者ブログ

2013 1/24

・置き去りの雛のきもちの駅前に無雪地帯の白いビル風


・見つけたと思う私も見つかってガラスのドアのたこ焼きの店


・ドアノブの頑丈そして不可思議にとまどいながら午後の入室


・分からないままに味わうこと多し いただき物のパンをほお張る


・ピアノ弾くうねる背中がたのしくて飲み干す水は水色の水


・春めいたひかりのような言葉たち 屈折率の豊かな窓に


・鉄人のコントローラーではなくてうまく撮れないスマフォのカメラ


・(ここから先、私はかなり酔いました。饒舌だったとおもうよ。たぶん)


・そば飯にたどりつくまで鉄板に焼け付くような語らいをせよ


・見送りのあとで寒さに気づきだす。いつものことでいつも死なない


・踏み出せば雪は降り出す。今年一冬が本気を出した瞬間


・ジョアでなくヤクルトミルミル積もる雪。声を出さない紺のスノーマン


・ゴマ粒のように独りで帰るときああそうかここはぼくだけのまち



地元で歌会。
二次会はおこのみ焼きで。

遠いところあつまってくださってありがとうございました。
PR

2013/01/28 日々の歌 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/31 情報漏洩]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ