忍者ブログ

去年の記憶と混線した朝

ぼんやりとしてしくじった棚の上に蜜柑はあってきつく黄を見る


過剰という言葉の淵に篝火は揺らめいていた手をのべ掴む


自らの或いは人の音のない言葉の爪が刺さる剥かれる


湿り気を帯びて素直なダンボールたたむ季節の秋は来にけり


苛立ちをぶつけられても嬉しいと思えるほどに病気だったら


雑巾のような空には裂けそうな赤い気持ちの鵯の声


原付の無謀な右折 あんなふうに吹聴されているかも知れず


心臓が痛いくらいに考えて分からないまま毛を拾ってる


赤になり黄色になってまた赤に 取り残される大交差点


待つという選択(たとえ無意味でも)オレンジ色はひと冬越せる
PR

2011/11/06 その他 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/31 情報漏洩]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ