忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/28

NHKラジオ番組・オトナの補習授業

NHKラジオ第一放送でオトナの補習授業という番組があります。

東直子さんが講師として出演されているものですから、喜び勇んで(笑)投稿している次第です。


*以下採用された歌です

・大丈夫、君ならなどと説きながら自覚はしてる上ずる声を
(東直子さん選 7/3放送「声・相聞」 )

・靴下を脱げば小指と薬指との間に白いモロモロ 泣いた
(春香クリスティーンさん選 10/16放送「見る・日記をつけるように」)

・コンパスの針で彫られた「カス」という文字にガタつく答案用紙
(東直子さん選 10/16放送 「見る・日記をつけるように」)





こちらの番組、「オトナの~」と銘打つだけあって落ち着いた雰囲気の「夜はぷちぷちケータイ短歌」といった印象。
テーマに沿った東先生おすすめの歌の紹介、実作の上での注意などなど、充実した内容です。

先日10月16日放送の回は「日記をつけるように」というテーマ。
ううう。。ちょうど毎日やってたのをあきらめたところでした^^;

「番組のおさらい」としてまとめてくださっているページがあるのですが、良い事書いてありすぎて今の自分としては複雑な気分になります。

(以下一部引用させていただきます)

「☆オトナとして、短歌を作ると、どんないいことがある?

(1)短歌を作ったときの一瞬の出来事や気持ちが、
作品として永遠に記憶に刻まれ(文字としても残る)、
会ったこともない読み手の心にも届けられる。

(2)自分を客観的に見ることが出来て、気持ちが整理出来る」


「☆短歌を作る時に大事なことは?

こういうことを書いたら恥ずかしいとか、

自分をよく見せたいとか、余計なことを考えすぎると浅い歌になりがち。

一つの詩の作品を作る気持ちで、無心に、素直に表現することが大事」

短歌を3年以上もやっていると、こういったお話はどこかで読んだり、聞いたりしているはずだし、事実思い返せば頭のすみにはあったのですが、それが今、眼前のしかもど真ん中にあって、よく考えるようにつきつけられているような。

東直子さんの歌集『十階』も改めて開いてみたくなりました。



PR

2012/10/18 報告 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[01/09 飯田和馬]
 
 
最新記事
 
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
(01/08)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ