忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/25

2012 8/26

・時計がない、鍵忘れたと往復を繰り返すうちにみな起きてゆく


・「飲みに行くか!」ひっつめ髪が響かせる歓楽街の朝の一声


・年上のひとを待ってる。空を限るものの少ない北鎌倉で


・円覚寺 玉紫陽花を指差して見えないものも綻びてゆく


・色即是空空即是色。僕たちは蝉の居場所を探しやまない


・広々とした境内に黒豆のような学生てんてんと落つ


・この夏の最後の蓮の花が咲く色の褪せない唐門の前


・書き付ける句稿覗けば拒まれて柔らかに添う裸足は床に


・「結婚を僕とする子はかわいそう」 風を頭上に下る坂道


・彫刻はイタチかリスかさ緑の葡萄とあればリスかと想う


・御神籤は末吉「がつがつしなさんな。まあ落ち着いて待ってろ」と言う


・鳩の巣に飛び込む。薔薇の一冊を見つけて開く手を持つ人と


・鎌倉の駅は私のさよならを容易く溶かす雑踏のうち


・周到や強引、狡猾、そういった言葉が巡る かなわないこと


・この夏で一番さみしい場所である。一人で開けるコインロッカー


・要するに背伸びしている牛乳だ。何とかかんとかジンジャーミルク


・部屋の隅あたまを寄せてもよもよと蛙の胸の心臓のごと


・その眼鏡、痛み伴う眼鏡ですか裸眼のほうがさみしいですか


・慎重に言葉を選んで解く人にはだしのゲンの眉を思った


・くすくすと声が聞こえる。あなた今鳥獣戯画を思ったでしょ


・今日は二度、内藤剛志に似ていると思いかけたがそうでもなくて


(なぜBLにしたがるのか……)
・力説をしようとすればやや声が上ずる君のくせが好きだよ


・「最後の……」という言葉には川底に沈むバイクの悲しみがある


・茹でてから焼くのだろうかだだ茶豆 だだ漏れさせている我が歌よ


・繊細な店員さんは直感し「差し湯」と聞いて身もだえている


・こうやってこだまを貰いこだまになる。それが望みでひかりであった


・地下鉄のプラットフォームに落ちる汗 鳩サブレーを余分に提げて

PR

2012/08/29 毎日詠 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[01/09 飯田和馬]
 
 
最新記事
 
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
(01/08)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ