忍者ブログ

NHK短歌ほか

NHK短歌十月号

靴跡に塗れた帽子ぐちゃぐちゃに帰る、本当を裏返して
(「帽子」東直子さん選・一席)

迎え火はバーベキューでもよいとして何の煙で送ればいいか
(「煙」今野寿美さん選・佳作)


NHK短歌十一月号

下敷きを団扇にかえた夏の日々筆圧高く跡を残して
(<文具>今野寿美さん選・佳作)

止まらない バスの震える窓、窓に亡霊として私はあった
(「窓」東直子さん選・佳作)


NHK短歌二月号

曲がり角見え隠れする赤い靴後ろの人は幸せな人
(「靴」東直子さん選・佳作)


NHK短歌三月号

耐えかねて母は食器をたたきわる目利きはしつつ次々とわる
(《器の歌》東直子さん選・佳作)


NHK短歌4月号

新しい乗り物として魂はたまたま僕を選んだ、のか
(《乗り物の歌》加藤治郎さん選・一席)


NHK短歌6月号

ぶたれてもだいすきなんだ。おとうさんおかあさんといっしょにいたい。
(「愛」のうた・加藤治郎さん選・佳作)

千年前会ったのですよ。そしてね、と、言える未来があるのでしょうか
(「会う」東直子さん選・佳作)


NHK短歌7月号

一頭の熊と思えば腹たたず飼育係の母はそういう
(「父・母 」加藤治郎さん選 ・佳作)



NHK短歌8月号

熱帯の水こぼしつつ夜にきゅと丸まるエビだ顔なし僕は
(「水 東直子さん選 ・佳作)


NHK短歌9月号
死にたくない食べたい殖えたい衝動を宿した虫が脳にわいてる
(「宿」/東直子さん選・佳作)



日本全国短歌日和2010年春
番組100選

西の空地獄みたいなあの雲の下が駅だよ歩いてゆこう


『うたう☆くらぶ』より

炎には決してなれない美しさ うどんこ病のさるすべり咲く
(栗木京子さん選)

焼きそばがたった5分でできちゃった。 俺はすぐにしんでしまうな
(穂村弘さん選)


歌のなかの歌・2首

新しい足音がする。新しい足跡つけて追いかけてゆく

未来へと差し込むひかりプリズムを通るあなたの虹の横顔   








ここにあげた歌は自分でも丁寧に詠めているように思います。
常日ごろからこの態度を心がけねばと反省。

PR

2010/10/17 過去短歌 Trackback(0) Comment(1)

COMMENT

無題

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

名無しのリーク 2017/08/13  10:18 URL EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/13 名無しのリーク]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ