忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/25

ふらっと東

どこにでも豊島屋のある町に来てはずし始めるコートのボタン

紅梅の真上の鳶の旋回に恐ろしいほど青は遠のく

倒れつつ咲く梅のため職人の血は入れ替わり朝を重ねる

ゆらゆらの坂にどすんとバスがいて八幡宮の鳥居とわかる

婚礼の儀を眺めてるフランスの人の肩越しのぞく新郎

頼りすぎ叛かれるとう二月のお告げに青い鳩がいました

豊島屋にそれでもよってしまうこと。しかたないよね。本店だもの

昼過ぎの電車の席は熱すぎて気化したように改札へゆく

階段を越えてもいまだ迷う背にオコジョみたいに現れられる

チキチキと行く君の横おそらくは猫背の影を引きつれたろう

消えかけのゼブラゾーンを前にして昼ですねえと赤を見守る 

「それギアが違うよ」むかし教官が吹いた冷気の伝うストロー

綱なんか砂に埋もれてしまっててしどろもどろも飲み干している

ひたすらの阿弥陀くじなどゆくような会話の耳の間に座る

色彩の間(あわい)のうちのそれぞれにあなたは眠り詩を夢みてる

志高くうつむきがちなひと 時間のことも気づいてくれる

お休みと言われるふしぎ浴びながら振り返るのがこわかったこと

間違えたかもしれないとあせってもそれであっててたどり着く駅

口あけて寝てる隣に腰おろしCHOICEはきっとしまっておこう

乗客の少ない駅に降りるとき小さくなって新登場す

雨の夜の親しい疲労感なども眠れば消えてしまうか 鞄

PR

2011/03/01 その他 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[01/09 飯田和馬]
 
 
最新記事
 
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
(01/08)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ