忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/18

夜はぷちぷちケータイ短歌 1月16日

暴風の赤に取り囲まれながら火星独立祝えば遠し
(テーマ「記念日」 石川美南さん選 放送外)

暗闇は雪のつぶてを飲み込んで僕の誕生日はでたらめ
(テーマ「記念日」 石川美南さん選 放送外)

今回は石川さんに二首拾っていただきました。ありがとうございます。
一首目はリアルに記念日がないもので半ば苦し紛れです(悲しすぎるw)

二首目はどうでしょう。本気にした人いるかな(笑) これは寺山修司の青森時代の友人の京武久美さんというかたの俳句
父還せ空に向かって雪つぶて
という作品を知り、それにインスパイア(危うさを含んだ言葉ですが)されたものです。
実際の自分の誕生日はちゃんとわかっています。たぶん大丈夫、かと。。。

PR

2011/01/17 報告 Trackback(0) Comment(1)

COMMENT

無題

こんばんは。
一首目の世界観がかなり好きです。
火星独立くらいまではなんとか思いつけるかもしれないのですが、「暴風の赤」と「遠し」がすごくよくて。
「暴風の赤」ははためく火星国旗たちか、風に荒れる炎と受け取りました。いずれにしても独立の高揚感が伝わってきます。
でも「遠し」なんですよね。つまりいま主体は火星にいない。と同時に、心理的な「遠さ」もここは包含しているような気がします。
状況は高揚にあるんだけど、主体は独立を祝うことに対して、どこか壁みたいなものを感じているようで。
あるいは火星と地球の戦争状態があって、主体は戦火に囲まれて死を意識しながら、独立だなんだと戦うことの虚しさを思っているのかもしれません……。

えー、すいません、ちょっと妄想が入りすぎました(汗)
しかし妄想できる短歌というのはいい歌だと私は思うのですよ。

むしたけ 2011/01/17  23:42 EDIT RES

むしたけさんへ

こんばんは。
大変うれしいです!!これだけ作品に入りこんでいただけたら詠んだ甲斐があります。ありがとうございます!

あんまり作者が言うとせっかくの妄想が台なしになりかねないので細かく言及するのはやめておきますが(むしたけさんが以前そういう事をおっしゃってましたね)「遠し」にはいろいろ込めました。
「火星」はイマジネーションを実によく喚起してくれる魅力的な題材だとつくづく思います。
今さらですが、先日締め切りのNKK短歌も「火星」で詠めば面白いのが出来たのではと激しく後悔中です(笑)

飯田和馬 2011/01/18 00:47

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/31 情報漏洩]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ