忍者ブログ

夜はぷちぷちケータイ短歌 12月19日

・靴下を脱ぎ捨て夜へのばす足にわたりやまない風の快楽

(テーマ「靴下」 石川美南さん選 放送外)


・406号室ではなかろうか同じ柄のがひとつ干してる

(テーマ「靴下」 だいたひかるさん選・今週の一首 放送外)

というわけで二首、だいたさんには「今週の一首」として選んでいただきました。ありがとうございます。

一首目は「足に」の「に」をいれるかどうか、そもそも「足」と言わないで「のばしたら」ぐらいがいいのか、うーん。自分の料理の味がおいしいしのかまずいのか、よく分からない今日この頃。。。甘いのばっかり求めすぎてるからかな(笑)

二首目は「靴下」だと読者が知ってること前提で詠みましたが、知らないひとが読んでちょうどいい具合ではなかろうか、なんておもったりしています。
柄を具体的にいうかどうかも迷うよころです。
PR

2010/12/20 報告 Trackback(0) Comment(5)

COMMENT

靴下、下・・・

麦太朗さん、はじめまして。夜ぷちでいつも拝聴&拝見させていただいています。
楽しい読みを教えていただきありがとうございました(^W^)

と、ところが、僕も「ひとつ」を「片方」に脳内変換してしまっていたので・・・
「ひとつ」に注意すれば、靴下と読むべきだという結論に落ち着くのでしょうけれど。
以下、どこか遠くに住んでいるらしい汚れたたさんの独白↓

<心やさしき和馬さんの詠み>
=たたさんの”当初の”(←大事なことなので強調)読み

<麦太朗さんの『「靴下」を前提にしないと・・・』を見た後(←大事なことなので強調)の読み>

ここだけの企画テーマ「○着」
・406号室ではなかろうか同じ柄のがひとつ干してる

ほほう、同じ柄の片割れが406号室に干してるのう。
持って行って教えてあげるかのう。でもそれも気まずいのう。
でも持っていかなければ誰かに踏まれて汚れてしまうのう。
どうすればいいかのう。持って行ってあげても果たして使うのかのう。

問 ○に入る漢字を一文字でこたえよ (答: 水)
------
だいたさんの『ジンジンおもしろみが伝わる作品です。』というコメントを噛み締めております。
楽しい歌を詠んで下さった飯田さんに感謝いたします。長文失礼しました。

恥ずかしっ(*o*)

たた 2010/12/21  22:02 EDIT RES

たたさんへ

まあ( ^-)_旦~ 落ち着いて(笑)

飯田和馬 2010/12/21 22:09

おめでとうございます!

2首採用+今週の一首おめでとうございます。

朝から自分の読みの浅さに愕然としている小林です。正直にいうと、2首目ぜんぜん分からなくて、皆さんのコメントでようやく味わえた状態です(恥)そっかー、片方飛んできたんですね。私はまた、<ものすごく変な柄の靴下を自分がもっていて、何気なく見上げたマンションのベランダに同じ変な柄の靴下を見つけて「わー、あの部屋の人も変なの履いてるwww」>という場面を想像して、でも部屋番号まで確認するのおかしいな、と意味不明でした(笑)もう自分のアホさがはずかしい。ちなみに、私は麦さまの暴走読み好きです。

ほんとにおめでとうございます!

小林ちい 2010/12/21  09:49 EDIT RES

ちいさんへ

コメント寄せて下さってありがとうございます。

僕も「暴走読み」好きですw
それからちいさんの変…いや、ユニークな読みも!(フー 汗)

作者としてはわからない時に「なんじゃこりゃわからんぞ(o・ω・o)?」って教えて貰うと、とても勉強になるし嬉しいものです。

伝わるものとばかり独りよがりになってた僕が恥ずかしいのであって、ちいさんはちっとも恥ずかしくないし、ましてア〇でもないですよ。
拙歌についていろいろ考えて下さってほんとにほんとに感謝です。

飯田和馬 2010/12/21 12:48

おはようございます

和馬さん たたさん おはようございます

たたさんのつっこみのおかげで
和馬さんの意図とはかけはなれた
読みをしていたことに気づきました。


<心やさしき和馬さんの詠み>

あれっ、道に靴下落ちてるぞ
このアパートのどこかから落ちたのかな
4階に同じの干してる部屋があるな
406号室だな、届けてあげよう


<妄想・暴走の僕の読み>

ここ彼女のアパートだよな
あれっ、4階に彼女のと同じ靴下干してあるぞ
406号室だな、メモメモ、、、


あーはずかしい
「ひとつ」にもっと注意しなければいけなかったです。
ごめんなさい。m(_ _)m


麦太朗 2010/12/21  08:14 EDIT RES

お気になさらず(汗

<妄想・暴走の僕の読み>
←いい読みだと思いますよ。充分成立するしむしろ本質をこちらの解釈につかれたようでぞくっとしました(笑)
お仕事前の忙しい時にありがとうございます!

飯田和馬 2010/12/21 08:31

靴下??

僕も一首目で足を言わない方がよいと思いました。「のびをすれば」はどうでしょうか。
採用歌のように字余りにして開放感を残してはと。
下の句が言い回しが、とても素敵だなあと思いました。

それから二首目、麦太朗さんの「「靴下」を前提にしないと・・・」のコメント。
敢えて突っ込ませていただきます(^W^)

Tata

たた 2010/12/20  23:33 EDIT RES

たたさんへ

コメントありがとうございます!

>僕も一首目で足を言わない方がよいと思いました。「のびをすれば」はどうでしょうか
なるほど。ただ「のびをすれば」だと初見の人は「背中をのばしたら」というイメージを結ぶかもしれません。となると下の句に一工夫いりそうで……改作は新たに作るのとは違う難しさがありますね。


>それから二首目、麦太朗さんの「「靴下」を前提にしないと・・・」のコメント。
>敢えて突っ込ませていただきます(^W^)
>

これは?え?また「はみがきしない野菜」みたいな感じですか?真剣にわかりませんよ。困ったな(笑)
「「靴下」の歌であることを前提としないで」と理解出来ましたが、なんか言葉遣いにNGありました?

飯田和馬 2010/12/21 00:13

こんばんは

和馬さん こんばんは

今週の一首、ならんでとることが出来てうれしかったです。(^_^)

二首目、今週の一首の歌、
文字と文字のあいだに言葉がいっぱいつまっていて、
びろ~んと広げられそうな感じです。
「靴下」を前提にしないと、より刺激的になりますね。

一首目、
「のばしたら」がよさげな感じがします。


麦太朗 2010/12/20  21:18 EDIT RES

麦太朗さんへ

こんばんは。
ほんと今週の一首で並べるなんて、ちょっとした奇跡だと思います!僕も嬉しかったです(^◇^)

>びろ~んと広げられそうな感じです。

吹きましたw
拙歌はだいたさんや麦太朗さんの読みに助けられてます。感謝です。

>一首目、
>「のばしたら」がよさげな感じがします。
ありがとうございます!参考になります。
ただ歌って不思議なのが、言わないほうがいいか言ったほうがいいのか、そういう理屈は後からしか付けられないんですよね。
難しい所です。

飯田和馬 2010/12/20 21:40

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/13 名無しのリーク]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ