忍者ブログ

夜はぷちぷちケータイ短歌 11月21日

胸は海。海の底には少女いて安いレモンを売り歩いてる


(題「すっぱい」 穂村弘さん選、放送外、「今週の一首」)


というわけで、歌人さんの「今週の一首」、はじめていただきました!
ありがとうございました。
 
穂村さん
>不思議な歌。自分の中の少女性がテーマでしょうか。「安いレモン」に詩的な魅力が宿りました。


うれしそうに引用してしまいましたが、とてもうれしいです(笑)


自分の少女性がテーマかはよくわかりませんが、煎じつめればそうなのかもしれません。
というのも、レモン、心、海、女、とイメージが勝手につながったのを言葉で拾っただけなのでよくわからないのです(汗
「少女」か「女」かで少し迷いましたが、ほかには迷いは出なかったです。
初句は先日「うた」の歌でおくったものからヒントを得た、つまり自己模倣なのでした。


おっと、あまり書くと自身で作品をおとしめそうな気がしてきたのでこの辺りでやめておきますねw


PR

2010/11/22 報告 Trackback(0) Comment(2)

COMMENT

無題

ふたたびこんばんは

この歌もNHK短歌誌にも載りそうですね。
と書きましたが、ジセダイタンカのページには
月間テーマの歌しか載らないのだった。
忘れてました。(汗)


麦太朗 2010/11/22  23:00 EDIT RES

麦太朗さんへ

どうも申し訳ありません。
情報の訂正までしていただいてww


「少女いて」はご指摘を受けはっとしました。
「少女がいて」でもありえる所ですが、格助詞は無意識的に抜く癖があるようですね。
いや、定型におさめただけか(汗

置き換えられない、というのは最高に嬉しいです。
偶然の産物でありますが、「推敲しない」ことのプラスの面だと思います。


いつも励みになります。ありがとうございます!

飯田和馬 2010/11/22 23:26

無題

こんばんは

穂村さん選の今週の一首、おめでとうございます。\(^o^)/

「少女いて」が和馬さんらしいです。
それから、
使っている言葉をほかの言葉で置きかえられないところがすごいです。
「安い」は「高い」にも「甘い」にも「すっぱい」にも変えられない。
「レモン」は「みかん」にはならないし「りんご」にもならない。
「少女」も「女」よりよさそうです。

半券の歌はNHK短歌誌に載ってましたが
この歌もNHK短歌誌にも載りそうですね。(^_^)


麦太朗 2010/11/22  22:55 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[08/31 情報漏洩]
 
 
最新記事
 
(07/29)
(01/24)
(10/25)
(02/17)
(01/16)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ