忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/05/22

食器を買いに行ってお世話になったこと

口蓋に茶飴の角はやや痛く舌で転がし想う信楽


柿の木に柿はたわわで古いバス新しいバス次々停まる


動物注意の標識越えて街にでる。黒い話はとても楽しい


静けさのうえに座って人と猫、野球カステラ分け合っている


「これだけ風通しいいから大丈夫ですよ」と言ってアレルギー出ない


ぶんぶぶーんぶんぶんぶーんかっこいい平種なし柿みたいな車で


駅前の電話を守る大狸 ハロウィンはもうここまで来ている


四枚のピザと一つのリゾットを五人で分ける紅葉見ながら


杭に犬くくられていてその杭を中心にしてくるくる回る


次々と子供が撫でにやってきてリードは張ったり緩んだりする


ベビーカー、犬もたくさん行き交って芝生の広場湿りを帯びる


高そうなお皿は高い。高そうで要らなさそうなお皿も多い


手にとって厚みや固さや色あいが地味で嬉しい小鉢購う

PR

2015/10/20 日々の歌 Comment(0)

ライオンキング

劇場の座席に着けばスボンやらシャツのフィット感が気になる


四ツ脚のキリンの意思は関節に生まれてこつこつ地上を歩む


ハゲタカの影のつま先伸びてゆく そこだけ夜で顔見えません


草原は確かなチームワークにて風の速さを教えてくれる


光線は鳥を炎にしてみたり空や月にして忙しい


チーターはお辞儀をすればチーターの中もお辞儀をしていて笑顔


アフリカを連れてきたのは猿だったと後に判明する人の声


肋骨の波打際に汗光る危うく歌を響かせながら


座席にはわっかが付いて傘立てになってるらしい 今日は晴れです


もし独裁国家で上演したならば 高く聳えるプライドロック


拍手へは小動物の機敏さをもってすたんと引き上げる幕


その気持ち少し分かった。両の手を振ってる人の背後に立って


スロープの向こうはトイレ。トイレから出てくる妻を歩きつつ待つ


5時には~、と説明される人たちの半円形を掠めて出口


エスカレーター降り折り降りて平熱に近づけながらお腹が空いて

2015/10/04 日々の歌 Comment(0)

オリンピック飯店

上新とイオンの狭間、斑鳩の中華食堂オリンピック飯店


すでに二人で行った話はしないまま義母と義父とに便乗をして


バス停のようなスペース店先の青天井のロビーにて待つ


くっついて丸テーブルに一列に座る映画の『家族ゲーム』か


店員は全員黒いTシャツの前にいる人ほど着慣れない

(この前は確かピータン頼んだな…)餃子あ僕も うやむやピータン


ハーフというシステムあるが使わない。洗面器みたいなちゃんぽん麺来る


辛いもの大丈夫かと確認は一応受けて麻婆豆腐丼来る


すぐ出来てすぐに運ばれ皿密度高い中高年のテーブル

相席もお持ち帰りも多い店 学食よりも早食いになる

支払いにポケットへ手を差し込めば義父に寄切りされて店外


白球が上がれば見失うような空の下にてお腹いっぱい


胃薬をもらって寝転がっている。マーキングした犬の気持ちで

2015/08/01 日々の歌 Comment(0)

中家菜津子『うずく、まる』を読んでのあれこれ

頬杖をつけば冷たいてのひらにわたしはふたりいるんだろうね (中家菜津子)


新鋭短歌シリーズ・中家菜津子『うずく、まる』を読んだ。

表紙はゴッホの絵。糸杉がそびえる夜空は渦をまくような独特な筆致で描かれる。
これは重い、と思いながらもよく見ると意外に夜空は明るい青。月も星もひかりを放つ。
それは一冊を通して読んだあとのイメージと綺麗に結びつく。
先に総括的なことを述べるが、家庭の事情か健康上の問題か、昼間は外で遊べない子供が夜ひとりで思いっきりやりたい放題遊んでいる、そんな印象を受けた。


作者は言葉で遊ぶ。
見開きに5首から7首。それに詩が組み込まれるから情報量としては多く読みすすめるのになかなかのパワーを要した。生命力旺盛な子供と遊ぶには体力がいるというわけだ。


たまもかる沖を眺める何もかも風にゆだねる真夏のかもめ

木漏れ日の椅子にこしかけこすもすをひねもすゆらす風をみおくる

かえりたくない日にしりとりくりかえすかなりあありあありかかなりあ

やわらかな月のゆばりを浴びるのはひばりの声をさえぎった窓


表題になっている

うずく、まるわたしはあらゆるまるになる月のひかりの信号機前

も「渦」、「疼」、「丸」「。」と込められている。言葉の響きとイメージの連鎖が自然とも巧ともいえる絶妙のところにある。

先に「やりたい放題遊んでいる」と書いたが(誤解のないようにはっきり書きますが、これは肯定的な意味です)、「歌集」に「詩」を編み込んだのはまさにそう。
歌集といえば「連作の束」というのが通常だが、「詩との融合、越境」ということとはまた別に「短歌を発表するしかた」として­考えさせられる。
イラスト×短歌、写真×短歌、というものもすでにあるけれども、自分が短歌を世に送り出すとき従来の「連作として」という方法以外に何かないかということを思いめぐらした。

詩と短歌のフュージョン作品ということでは《etanpet》がとても印象深かった。
最後の注を読んでああそういうことか、と思ってもなお、現実と夢を行きつ戻りつするようなゆらぎのひと時を過ごすことができた。

短歌の連作としては

「沃野の風」

じゃがいもの皮を剥くとき母親と同じ仕草で首を傾げる

だだっ広い胡瓜畑の迷路にて父は年々大声になる


一首としては

バスの窓に額をあてるこの街のどのネオンより雪は青くて

歯車のひとつのようなケチャップの白いキャップが床をころがる

フィクションを読む人おおきなくしゃみして新聞を読む人が驚く

椅子はみな睡蓮に似てそこかしこにうつむく人の背中をつつむ

親指で傘をひらくとひとつだけ折れてしまった銀色の骨


などから広がるイメージを特に楽しく読んだ。

はじめ一人による共作として「作者がふたり居るよう」とする締めくくりを考えていたのだが書き進めるうちにそうでもなく、何か一貫した視点のようなものを感じている。
あるいはふたりいたとしても仲良くやっているのだろう。
一首でも連作でも詩でも今後の展開も楽しみにしています。

2015/07/26 その他 Comment(0)

土岐友浩『Bootleg』を読んでのあれこれ

言葉にはできないことが多すぎて菜の花の〈菜〉のあたりに触れる (土岐友浩)


書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」・『Bootleg』(土岐友浩)を読んだ。

「言葉にはできないこと」に対して穏やかにして相当な執着がうかがえる歌集であるように感じた。


来た道を歩いて帰るさっき見た花火のことをずっと話して

なんとなく空がぼんやりしはじめる山と山とが重なるあたり

雨らしきものはけっきょく降らなくてスクールバスが県道を行く


難解な言葉、表現が使われないところは一貫している。見開きに3から4首で編まれていて平明でありゆっくりした時間が流れている。この「ゆっくり」ではあるけれど「時間が流れている」という印象は連作のなかだけでなく一首のなかにもたびたび色濃く感じた。
何気ないうつろいを何気なく切り取る魅力。
しかしまったりさせられるばかりでなくて、時にぽんと下の句が飛躍をみせるところが心地よい。

いまはもうそんなに欲しいものはない冬のきれいな木に触れてみる

砂浜はまだつめたくてあなたなら僕よりもっと遠くまで行く

夕空が酸化していくこの道を血だらけになるまで歩きたい


また飛躍というよりも唐突だったり混乱をきたすようであるけれどイメージがすっと腑に落ちるような歌も。

ようこそ、新しい家へ。両耳に鈴の入っているぬいぐるみ

あざやかな記憶のしかし桜草死を看取ったらあとは泣かない


「言葉にはできないこと」をどう表現するかというところで、「言葉にはできない」ことが「金魚」だとしたら金魚掬いの「ポイ」としての短歌に「無理をさせない」「水の抵抗を与えない」ということに注意をされて水の中をのぞき込んでいる作者の姿勢を、屋台のオヤジであったり客であったり金魚であったりと立場をいろいろに変えて見て取れるようでもありました。






2015/07/22 その他 Comment(0)

カレンダー
 
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
カテゴリー
 
 
 
うたらば
 
 
 
最新コメント
 
[02/20 名無しのリーク]
 
 
最新記事
 
(01/18)
(11/30)
(07/29)
(01/24)
(10/25)
 
 
最新トラックバック
 
 
 
プロフィール
 
HN:
飯田和馬
性別:
男性
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(10/06)
(10/06)
(10/08)
(10/08)
(10/10)
 
 
P R
 
 
 
リンク
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
忍者アナライズ